アカデミー 1/72 F/A-18F

こんにちは! 製作記のアップが遅くなって誠に申し訳ございません。<(_ _)><(_ _)> 今回はアカデミーのスパホを作ってまいります。!(^^)! 全スケールを通し、スパホは自身2機目です。レガシーホーネットは記憶にないぐらいいっぱい作ったのですが、何故かスパホは全然作ってないんですよね・・・、アカデミーと言えば、傑作、1/32のレガシーホーネットのイメージが強く残っていますので、期待が持てます!( ´∀` )!

【胴体の組み立て】4.29

それでは早速始めましょう!

インストを開くと、いきなり機体側からの製作です。当然、コクピットからと思ってましたが、これは意外ですね。

機体パーツを眺めてみます。若干の梨地は気になりますが、モールドは素晴らしいです。1/72に於いてリベットまで再現してしまうと、ちょっとうるさい感じがしますが、非常に細かくシャープに仕上げてありますので気になりません。

インスト通りに組んでいきます。合いは悪くはないのですが、接着線をそのままパネルラインとして仕上げるのはスケール的にいかがなものかと思いますので、一旦瞬着で埋めて、サンディング後にスジボリをし直すことにします。

インスト順では胴体を先に組み立てますので、中に収めるインテークを組み立てます。パーツ割は良い感じです。組み立て後に分割線が気にならないように設計してあります。塗装面の梨地が粗いので、サンディングで一皮むいておきましょう。

インテークリップに関しては、胴体側も成型が今一つなので、この段階で整形しておきましょう。

インストにしたがってインテーク内を塗り分けます。クレオス316番ホワイトと、308番グレーです。

組み立て完了。このスケールとしては十分な仕上がりではないでしょうか!( ´∀` )!

早速胴体側と合わせてみますが、ここは、そのままとは行きませんね・・・(;^ω^) ある種、見せ場なのできれいに仕上げましょう。

1/48であれば瞬着パテでも行けそうですが、1/72なのでラッカーパテで整形していきます。

次回は引き続き胴体の製作を進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。

















投稿日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.