エアフィックス 1/72 ハンプデン 製作記

こんにちは!またまたマニアックな(良い意味です)ご依頼を頂きました!蛇の目ファンの方はご存じなのでしょうが、私のようなミーハーは初めて知りました。箱を開けた瞬間、直ぐに、そっと閉じてしまいました。(;^ω^)なかなか手強そうですが頑張ります!

【前置き】2.17

インストとデカールです。焼けも相まって、古文書のようなインストと、一見使えそうもないデカールが印象的ですねぇ・・・。(;^ω^)かぐわしい、昭和の香り(?)もたまりません。古い紙って、何でこの香りになるんでしょうね・・どうでもいいか。(;^ω^)

はい。懐かしいですよね、最初からバラバラです( ´∀` )。1/72ぐらいだと、こんなんで十分な気もします。クリアパーツが怪しいですねー、合うんでしょうか。(;^ω^)

昔のキットのスタンダードな感じです。全面リベット表現びっしりです。最終的に、これをどう表現するかも課題の一つですね。

モチベーションアップのためにも仮組してみましょう。精度はまずまずです。パテ整形などを前提としていない時代のせいか、接着だけである程度の形にはなるようです。

意外だったのがノーズのクリアーパーツです。透明度はイマイチですが、合いが良いですね。( ´∀` )!ひょっとして、当キット、ファーストロットとかでしょうか。少しホッとしました。( ´∀` )

【コクピットの製作~士の字まで】2.26

こんにちは!私にしては珍しく、<(_ _)> 今回は一気に士の字まで進めますよ!というのも、大昔のキットなので、コクピットだけでは間が持ちません。(;^ω^) フロアーとパイロットを塗装したらコクピットは完了です。

まずはランナーからパーツを切り出して仮組してみます。珍しくゴーグルと酸素マスクを装着したパイロットです。驚いたのは、酸素ホースが肉抜きされている点です。(胴体と一体になっていない)ディティールの観点からいうと、「宇宙人」感は否めませんが、時代を考えると意気込みがすごいと思います。後席の人は「考える人」にしか見えません。(;^ω^)

丁寧に塗ってもディティールが弱いとがっかりします。パイロットも結構頑張って塗ったのですが、こんな感じにしかなりません、<(_ _)> キャノピー閉なのがまだ救いですが、開だとちょっと厳しいです(;^ω^)。

続いて「士の字」にすべく、翼も作っていきましょう!現代のキットではあまり経験しないかもしれませんが、接着面をきれいにしないと、まともな形になりません。キットのままではデコボコで、そのまま接着すると隙間だらけになって大変なので、接着面も丁寧にサンディングしなければなりません。

垂直尾翼です。同様に接着面は真っ平にサンディングします。

しつこいですが、<(_ _)> ここもサンディングします。

こんな感じです。何でもいいのですが、平らになるように、ヤスリの台座を使った方が良いです。

尾翼部完成!成形色が黒なので伝わらないとは思いますが、各接着部の隙間を可能な限り小さくしたという、アピール画像です。(;^ω^)

続いて主翼を作ります。脚収納部はインストに従ってインテリアグリーンで塗っておきます。ピン跡そのままですが、ディティール表現が全くないので、ここをきれいにサンディングする意味もない気がしまして・・・申し訳ございません(;^ω^)

ふと目をやると1968年製・・・大先輩です・・・52年前ですよ・・・。こいつも52年後にこんな風にさらされるなんて思ってもみなかったでしょうね~(;^ω^)

主脚はできれば最後に取り付けたかったのですが、この段階で取り付けないとうまくいかないようですので、整形して先に取り付けます。(このパーツもバリだらけ(;^ω^) 脚は、キットでは可動式になっているようですが、今回は接着固定します。機体の塗装が終わるまでは接着せずに格納状態で置いておきます。

胴体に戻ります。左右を貼り合わせる前に、下部銃座の窓を処理しておきます。思いのほか隙間はできませんが、外面塗装の際の拭きこみ防止の観点から、接着部に透明ボンドを充填しておきます。

尾翼部の取り付けですが、ダボはカットして、面を出す方がきれいにいくと思います。1/72なので、きちんと接着すれば強度の問題は無いと思います。

くどいので、主翼の貼り合わせと胴体の貼り合わせ工程は省略させて頂きますが、ここも接着面のサンディングは必須です。ですが、きちんと処理すれば、隙間はほとんどできません。隙間を埋める目的のパテは不要です。 !( ´∀` )!

というわけで「士の字」です!個人的には思ったよりも綺麗にできたと思っております。凸モールドをできるだけ生かしたかったので、サンディングが最小限になるようにはしたつもりです。ですが、ヒケの部分はどうしようもないので、パテを盛ってあります。<(_ _)>

【下地処理 その1】4.13

こんにちは!更新が遅くなって誠に申し訳ございません。進みが悪くて申し訳ございませんが、今回はサンディングのみのご報告です。成型時の表面傷と合わない部分の処理に思いのほか手こずってしまいました。(;^ω^)

まずは上面です。以前にも申し上げましたが、可能な限り凸モールドを生かしたいと思いました、ですが、金型が今一つなのか、表面にかなり傷があります。サフでも消えないと思われるものを#400で粗削りして、その他の部分はサフを吹いてから処理することとしました。

下面も同様です。下面は上面よりちょっとひどい感じです。黒に塗るので多少気が楽ですが、最低限は手を入れましょう。

続いてサフを吹きます。思ったよりもきれいに仕上がりました。局所的に修正が必要ですが、少しモチベーションが上がりました。( ´∀` )

上面も少し手を入れれば普通に見れる程度までもっていけそうです。サンディング中は、どうなることかとブルーでしたが、少し光明が見えてきました。

次回は塗装まで進めさせて頂きます。またのご来館をお待ち申し上げます。







更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.