エデュアルド 1/48 リミテッドエディション MiG-21bis






こんにちは!製作記アップが遅くなって申し訳ございません。今回はエデュアルドの1/48 ミグ21のご依頼を頂きました。ミグ21と言えば旧東側の主力として非常に有名な機体ですね、インテークダクトにコクピットを載せただけのようなコンパクトボディにデルタ翼とが相まって、ジェット戦闘機の王道とも言える風貌が魅力的です。本キットはエデュアルドのオリジナルキットのようですので期待できますね!

【コクピットの製作】7/11

早速始めてまいりましょう!

まずはインストのトップページです。程よい程度でレジンとエッチングがセットされています。グレードアップパーツはこれぐらいのボリュームにしていただけるとありがたいですね。(;^ω^) ブルーでハッチングされた部分は不使用みたいですので、パーツ数も少ないですし、エデュのオリジナルのキットであれば組み立ても容易と思いますので、サクサク進められたらと思います。<(_ _)>

【出典】文林堂 世界の傑作機

まずは、いつものようにコクピットからスタートです。ほとんどの部分をエッチングでカバーしてありますので楽ちんです。<(_ _)> カラーエッチングの場合、実機とは全く違う色に塗られている場合が多いのですが、今回は割とストライクな感じですのでそのまま行かせていただきます。

コクピットフロアーは塗装しますので、エッチングに色を合わせていきます。今回は御覧の3色を調合してみました。特にこの色じゃなくても、近似色であればなんでも良いと思います。黄色と青とグレーがあれば大丈夫です。乾くと暗くなるので何度か試し吹きして調整が必要です。

インパネも接着するだけの楽々施工です。<(_ _)> 接着は、はみ出しても問題のないクリアボンドで行います。衝撃に対する強度もアロンアルファとかよりは全然強いです。

最近のカラーエッチングはメーターガラスまで再現されていてGOODですね!

昔の飛行機なのでコクピットはあっさりしてます。エッチングとフロアーの色が少し違っていますが肉眼での違和感はありません。<(_ _)> 調色不足以外の何物でもありませんが、ハイライトの効果で良い感じです。結果オーライです!(;^ω^)

【出典】文林堂 世界の傑作機

写真は複座型ですが、キャノピーフレームも基本はコクピットグリーンのようですので、この段階で処理しておきます。キットにキャノピーマスキングが付属しているので、またまた楽ちんです。<(_ _)>

【機体内部の工作】7/12

こんにちは!続いて機体内部の構造物を作ってまいりましょう。

まずはエンジン部分から。いつもの感じですが、実機自体がシンプルなためか、ここも非常にあっさりしています。ノズルの継ぎ目消し等、基本工作だけきちんとやっておきます。

エンジン部の基本塗装ですが、インストではどこもかしこもブライトグリーンとなっています。クレオスの指示番号ではデイトナグリーンなのですが、今一つピンときませんので自家調色とします。<(_ _)>

真みどりではおかしいので、フラットブラックベースに若干カーキ寄りのグリーンで処理します。

ノズルの部分もインストでは単色指示なのですが、面白くないので3色ぐらいに分けて塗ってみます。まあ、完成後はほとんど見えませんが・・・(;^ω^)

胴体に収めるとこんな感じです。ノズルは端面しか見えませんが、ブレードは割とよく見えます。( ´∀` )

続いて機首のとんがりコーンです。重りを入れろと書いてありますが、脚も華奢ですし、デザイン的にはそこまでテイルヘビーな感じもしませんので、脚を付ける段階でギリギリの線を狙って入れようと思います。

コーンの色ですが、ここでもデイトナグリーンの指示がなされています。個人的なイメージでも青味の強い緑の印象はありますが、デイトナグリーンはおかしいのでここもカーキ寄りで調色しましょう。インストも明らかに暗めのダークグリーンで描いてあります。(;^ω^) 因みに今回はリビア空軍の砂漠迷彩(?)にてご依頼を頂いております。

気持ち、デイトナグリーンを意識した感じのカーキグリーンで塗ってみました。(;^ω^) デカール指示があるので貼っておきますが、完成後は見えなくなります。<(_ _)>

主脚庫を作るにあたり、主翼も作った方が良さそうなので一緒に進めてまいります。作るといっても脚庫の隔壁と用途がよく分からないタンク、そしてランディングライトのみですので、ライトだけミラーシートを貼っておきましょう。

インストではシルバーを塗る指示ですがずいぶん印象が違いますのでお勧めの工作です。

全体を白く塗って、よくわからないタンクを塗装したら軽く墨入れをして完了です。

主脚庫はパイピングが別パーツでなされていますし、小物も別パーツです。また、彫刻もそれなりに施してありますので、ストレート組でも十分ではないでしょうか。

胴体を合わせてみます。機体形状も関係しているとは思いますが非常に合いは良いです。背びれの部分も流し込み接着剤のみで十分です。

そして、背びれと胴体も寸分の隙間なく取り付けられます。これにはテンションが上がります。( ´∀` )

主翼も付けてみます。主翼と胴体には若干隙間ができますが直線部なので処理は楽です。

次回は小物の製作と塗装に向けた下地処理ぐらいまでご報告できればと思います。またのご来館をお待ち申し上げます。









































投稿日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.