ツポレフ 172 ANT-25




こんにちは!製作記が遅くなって申し訳ございません。<(_ _)>

【前置き】12.28

ご依頼を受けておきながら、手を出そうかどうしようか、正直少し迷いましたが、偉大な功績を残した機体の様ですので、オマージュとして製作に入らせて頂きます。<(_ _)>

まずは箱絵から見ていきましょう。ネット情報によると、ANTはツポレフさんのフルネームの略のようですので、その前の「TUPOLEV」がメーカー名なんでしょうか・・・。日本で言うと新明和がプラモキットを出したようなイメージでしょうか・・・??(;^ω^) どうでもいいですが、ご依頼でも頂かない限り、知ることも無かった機体の様な気がします。

細かいことはウィキに任せますが、第2次大戦前の時代に、モスクワ~アメリカの10000キロを無給油で飛んだすごい飛行機の様です。パイロット御三方の顔写真が載っている所もすごいですよね。( ゚Д゚)

完成見本・・・。うーん、そそられません・・。(;^ω^)

 

【出典】ウィキメディア・コモンズ

実機が存在するようです。ピカピカに仕上げたら結構見栄えのする機体かもしれませんね!それにしても、大戦前の飛行機をこんなにきれいに保存してるって、頭が下がります。我が国も野ざらし展示はやめてほしいものです。

それでは中身を見ていきましょう。はい、いつもの感じ・・・(;^ω^) でっかいビッグワンガムみたいです。

まあ、使えない前提なので気になりません・・・が、赤文字だけは何とか生きててほしいです・・・。無理かな~(;^ω^)

パーツを見ていきましょう。プラバンみたいなバリがいっぱいです。(;^ω^) モールドも心もとない感じ。

表面も粗いですね~ ((T_T)/~~~ 簡易インジェクションか、バキュームみたいな質感です。

接着面の整形だけでも時間がかかりそうです・・・。

そのままでは接着するだけでも至難の業です。整形&薄々攻撃必須ですね。

なぜかアンダーゲート。( ゚Д゚)

一応クリアー??パーツです。 ランナーの方が透明って・・・。(;^ω^)

6項目で完了の様です。部品数も少ないので、普通のプラモなら瞬殺なんですが・・・。たぶん、私のペースだと、整形だけで2ヶ月位かかってしまうと思われます。<(_ _)>

次回は各部品の整形から進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。

更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.