フジミ 1/72 ブリティッシュファントムII FG.1 製作記





こんにちは!製作記のアップが遅くなって誠に申し訳ございません。<(_ _)><(_ _)>

今回はフジミのブリティッシュファントムですっ!! ブリティッシュファントムと言えば、このエアフィックスの箱絵のように、ながーい前脚と、ブルーに見えて実はダークグレーというカラーリングが印象的です。

今回は自身初となるフジミのキットでファントムを作ってまいります!

【前置き】4.25

それでは内容確認から始めましょう。

コクピットですが、スケールの割にはよくできていると思います。1/72自体好んでは作らないので、フジミのキットは馴染みがありませんがこれはちょっと意外です。

下面の分割も、ヒンジ部を分割にしない等、よく考えられています。スジボリもスケール相応な感じで好感が持てます。

尾部です。はい、凹凸混合、ハイブリッドモールドです。素晴らしいですね~、真偽は置いておいて、こういう模型的演出は大好きです。( ´∀` )!

胴体です。1/72なのでモールドは最小限ですが良い感じです。ハセガワさん等と分割は同じです。

主翼上面です。脚庫の淵に結構目立つヒケがありますが、まあ許容範囲です。

仮組してみます。胴体と主翼の接合に少し工夫がいる感じですが、その他はきれいに合いそうです。( ´∀` )

【コクピットの製作】4.27

それでは早速コクピットを作っていきましょう。

インストはちょっと懐かしい感じのする、シンプルなのもで見やすいです。

インパネ類はデカール仕上げとなっています。このスケールではデカールの方がきれいに仕上がりますのでこちらを採用させて頂きます。カラー刷りで、スイッチ類も細かくデザインされています。( ´∀` )!

全体をクレオス317番グレーで塗装します。インパネ類は多少塗り分けがありますが、ほとんどデカールだけでOKな感じです。今回はキャノピーを閉めますので、あまり気にならない部分と思います。射出座席は後から取り付け可能なので、この段階ではスルーします。<(_ _)>

45,46番の取り付け方がイマイチ判然としませんね・・・。

ネットで画像を漁るのですが、ブリティッシュファントムの後席(サイドコンソール)の写真が見つけられませんでした・・・。サードパーティのレジンキットを参考にすると、こんな感じみたいですが・・・後席、デカール要らない・・・??

という訳で、モールドを削って接着することにします。

胴体完成。このぐらいすんなり形になってくれると作っていて楽しいですね。( ´∀` )

【主翼、インテークの組み立て】4.28

こんにちは!今回は主翼を付けて、士の字まで進めたいと思います。

まずは主翼の上下を接着します。変形もなく、ピッタリ合います。センターパイロン用の穴も忘れずに開けておきましょう。

早速胴体と合わせてみるのですが、センター割り振りすると胴体との間に隙間が発生しますね・・。まあ、どのメーカーキットもこんな感じなので、想定の範囲内ですが・(;^ω^)

胴体側をちょっとだけ広げて隙間を無くしたいと思いますので、前回接着したつっかえを外します。

まずは右側を接着します。設計、金型には何の問題も無いようで、隙間は一切発生しません。( ´∀` )!

右側のみを合わせると、左側はこんなに隙間ができます。

右側が硬化したら、胴体を指で広げながら、左側を接着します。少しテンションをかけた接着となってしまいます、後の剥離が怖いので、不要なランナーを使って胴体内につっかえ棒をしておきましょう。

引き続きインテーク部を作ります。こちらもいつもの分割パターンですね。メッシュのモールドもきちんと再現されています。

内側には豪快な押し出しピン跡がありますが、完成後に奥側はまず見えないので、前側のみを瞬着で埋めて処理しておきます。<(_ _)>

内側はこの段階で塗ってしまいます。ちゃんと、ピトー管も再現されています。これは意外です。( ´∀` )! 昔の設計なので、インテーク奥(給気ファン)の再現はされていません。まあ、このスケールでエンジン内部を覗き込むことってないと思いますのでこれで十分ですね・・・。黒で塗ってごまかしておきましょう。(;^ω^)

目立つ部分は極力サンディングを減らしたいので、すり合わせをしながら接着します。接着線がパネルラインになっていますので、一度瞬着で埋めてからスジボリをし直します。

機首下面のパーツも取り付けます。ここは寸法がおかしいらしく、豪快な隙間ができてしまいます。インテークパーツも上面合わせにすると下面はこんな感じになってしまいます。(;^ω^)

まあ、しかし、お約束みたいなものなので、特に気にはなりません。( ´∀` ) プラペーパーを差し込んでサンディングに備えましょう。

という訳でサクッと士の字です。全体のフォルムも違和感はありません。よくできている感じがします。(失礼か・・・<(_ _)>)個人的感想ですが、組み立てに関してはハセガワさんのよりも組みやすい気がします。

次回はサンディングをして塗装に入っていきたいと思います。またのご来館をお待ち申し上げます。


































投稿日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.