プラッツ 1/72 UH-60J レスキューホーク




こんにちは!製作記が遅くなって申し訳ございません。<(_ _)><(_ _)>

今回はプラッツ(ハセガワキット)のレスキューホークを作ってまいります。

【前置きと機内の製作】12.29

箱絵からもわかるように、アニメを元に企画された製品の様です。キット自体はハセガワさんのブラックホークみたいです。

実を申しますと、ヘリは大好物でして、ご依頼が落ち着いたら作りたいキットが山積みであります。(^^ゞ では進めてまいりましょう。私自身は初めて作りますが、結構古い部類のキットです。以外にもパネルラインなどは凹モールドが施されています。

早速、胴体を仮組してみましょう。今の目で見てしまうと「合わない」部類かもしれませんが、許容範囲です。パテなどもそんなには必要ない感じがします。

デカールは綺麗です。ここはプラッツさんの範疇の様です。ギリギリまで余白を排除しようという意気込みが感じられます。( ´∀` )!

それではコクピットから進めてまいります。1/72ということもあって、非常にさっぱりとした部品構成です。ヘリは組みあがると内部がほとんど見えませんので十分です。

宇宙人が2人入ってます。このパイロットの出来からすると結構古いキットなのでしょうか。

インスト通りに塗り分けて完了です。ブラックホークと共通部品の為、フロアーには不要な穴がいっぱいですが、ハッチ類は全て閉めてしまいますので、完成後はよく見えませんのでご了承願います。その分、外装に注力しようと思います。

塗り分けるとそこそこ見れますね、モールドが甘いのと、1/72なので、あまりハッキリ塗りわけると違和感が出てしまいますので、ドライブラシをかける程度で済ませています。<(_ _)> この写真ではグラサンの人を機長側に座らせてみました。それにしても、めっちゃ外人・・・。

胴体を貼り合わせて第1段階終了!です。この手のキットの場合、ここまでは早いんですよね、ここまでは・・・。(;^ω^)

次回は各部の整形と、行けたら塗装ぐらいまでをご報告申し上げます。またのご来館をお待ち申し上げます。








 

更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.