GWH F-35 航空自衛隊 デフォルメプレーン

こんにちは!アップが遅くなって申し訳ございません。今回のご依頼はGWHのF-35たまごヒコーキ、もとい、デフォルメプレーン・・(;^ω^)です。 製作指示の中にディティールアップとありますので、デフォルメっぽさを醸し出しつつも、リアリティも損なわない、そんな仕上がりを目指していきたいと思います。

【機体の組み立て】2.17

まずは内容確認です。パーツ少ないですね~!こういうの久々で、ホッとします。ある意味リハビリです。( ´∀` ) しかもはめ込み式なので、合いが悪いというのも考えにくいですね。

早速組み立てていきましょう。2番でいきなり飛行機の形になりますね。( ´∀` )

キットは「はめ込み式」なのですが、接着+整形にて進めさせて頂きます。邪魔なピンは切ってしまいます。

「はめ込み式」をうたっているだけあって、精度は素晴らしいです。パテは不要な感じです。

パイロットは3ピースで構成されています。宇宙人にしか見えませんが、ツボは抑えておりますね。( ´∀` )

楽しいです。純粋に。実機写真とにらめっこするのも好きですが、これは純粋に組み立てていて楽しいと感じます。

【塗装開始】2.25

こんにちは!2月なのに毎日暖かくて良いですね( ´∀` )今回は塗装とデカールまで進めてまいります。

まずは、塗装に備えてキャノピーの処理をしておきます。透明度はまずまずですね、キットでは純粋なクリアー色なので、スモークをかけておきましょう。

あまり真っ黒くするとおかしい感じがしますので、軽めにしておきます。あまりよく判りませんね、m(__)m フレームの部分が若干変わっています、これぐらいの色です。

さて、一応インストを確認しましょう。F-35の特徴とも言えるギザギザ模様は再現されていないみたいですが、それだと面白くないので、ここは手を入れておきましょう。あと、申し訳ございませんが、インストの色指示は無視させて頂きます。<(_ _)>

ささっとサンディングして、自家調色の暗い方のグレーを塗ります。小さい上にグレーなので、5分とかかりません( ´∀` )!

続いてギザギザ模様の再現です。細切りマスキングで再現しましょう。

一気にやらずに一列ずつ進めて行きます。時間はかかりますが、この方法が一番簡単だと思います。

塗装するとこんな感じです。個人的な好みですが、色はインスト指示よりも暗くしています。何となくですが、明度差が小さい方がしっくりくる気がします。<(_ _)>

裏面も可能な限り再現します。デフォルメプレーンとはいえ、結構忠実に再現されているのが解ります。(;^ω^)

そんなにゆっくりやったつもりはないのですが、3日ぐらいかかりました・・・(;^ω^) 甲斐あって、効果絶大です。やはり、F-35においてギザギザ表現は外せませんね。( ゚Д゚)

下面はこんな感じです。脚カバーも忘れずに処理します。

デカールの前に、その他の色も終わらせておきます。これぐらいパーツ数が少ないと各色1回で済ませられます。キャノピーフレームのみ光沢が強い黒で塗っておきます。

続いて白。

そしていきなりですがデカール完了の図です。<(_ _)> デカールは薄くて、且つコシがある、私の好きなタイプです。( ´∀` )

ステンシルはありませんが、きちんとツボは押さえてありますね( ´∀` )!驚いたのは、主翼の日の丸の四角いベース部分が、実機同様に左右で大きさが異なっているところです、これはすごい。

【脚、パイロットを仕上げて完成】2.28

こんにちは!今回で完成です。ギザギザ模様を再現しなければ3日ぐらいで終わっていましたね、お時間を頂きまして申し訳ございません。それでは胴体以外の各部を仕上げていきましょう。

まずは排気ノズルです。アイリス板は若干光沢寄りの焼鉄色に仕上げました。薄くダークブラウンでコートしていますが、写真の角度だとシルバーにしか見えませんね・・・<(_ _)>

続いて脚のパイピングです。さかつうのソフトワイヤーで工作します。ディティールが省略されているので、実機の通りとはいきませんが、雰囲気が同じになるようにはしてみたつもりです。

取り付けてみます、まずまずではないでしょうか。(;^ω^)

パイロットはインストに準じて塗装します。ちょっとピンボケですね・・・シートベルトは塗装指示がありませんが、実機に準じてフラットブラック(グレー寄りに調色)で塗っておきます。バイザーはエナメルでテカテカにしました。ヘルメットが随分旧式の気がしますが・・・スルーしましょう。(;^ω^)

インパネは、モニター部にクリアーグリーンを垂らし、パネルフレームを周りと違うブラックで塗って完了とします。

全体にクリアーコートをし、翼端灯を塗装して、パイロットとキャノピーをはめ込んで完成!です。接着はしていませんが、結構ピッタリです!ご依頼からはかなりのお時間を頂いてしまいまして、誠に申し訳ございません。画像をクリックしていただくとギャラリーへジャンプします。またのご来館をお待ち申し上げます。

















更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.