PLAMAX 1/20 VF-1 ファイター バルキリー

こんにちは!製作記が遅くなって申し訳ございません。前回のスーパーストライクバルキリーと同時にご依頼を頂いておりましたが、サイズ的、メンタル的(;^ω^) に同時進行は難しかったのでこの度の製作記となります。<(_ _)> 今回は大気圏内、ファイタータイプのバルキリーを作ってまいります!

前回はバックパック等、艤装満載のモデルの為、かなりの労力を使いましたが、今回はすっきりと機体だけなのでだいぶ気持ちが楽です。( ´∀` )とはいえ、その巨大さは変わりませんので、気合を入れてまいります。

【2分割部の製作】8.22

まずはインストを眺めましょう。上質紙にカラー刷りのインストはモチベーションが上がります。アニメの架空機とは言え、リアリティに富んだ演出には頭が下がります。

まずは2分割になっている部分の製作から始めていきましょう。当キットの製作においては、体感的にヤスリがけ7割、塗装4割という感じでして、下地作りが大部分を占めるという印象です。

コクピットフロアーです。とりあえず、座席やインパネは後付け可能なので、機首に挟み込まなければならない部分だけ先に仕上げます。お客様のご要望で、今回はパイロットは着座させませんので、操縦桿類も取り付けてしまいます。

スイッチ類は付属のシールを参考に塗り分けています。

機首を組む前に下面のアンテナ(?)を差し込むのですが、ブレード本体に豪快な押し出しピン跡があるのと、隙間が結構空きますので瞬着で埋めてサンディングに備えます。

コクピット周り以外は一体成型パーツですが、きつめのパーティングラインがありますので、一緒にサンディングに備えて準備しておきます。前回、レドームのAOAセンサーらしきパーツを折ってしまいましたので、今回は破損防止のマスキングテープを貼っておきます。

続いて足の部分、実機で言うインテークダクトです。どうしてもタラバの足に見えてしまいます。(;^ω^) 前回はバックパックやら何やらで、結果的にあまり目立たなかったのですが、今回は丸裸なので一層丁寧に処理する必要があります。

まずはインテーク部の押し出しピン跡の処理をしておきます。いつものように瞬着で埋めてから均します。画像でお判りと思いますが、表面が結構粗いので、600番~1500番ぐらいで全体的にサンディングしておかないと、エアブラシ塗装では傷だらけの仕上がりになってしまいます。

ついでに他の押し出しピン跡もサンディングに備えて処理しておきましょう。

前回同様に内側の見える部分にはクレオスの機体内部色を塗っておきます。これは飛行機おたくの自己満です。<(_ _)>押し出しピン跡がありますが、ここは完成後は見えませんのでスルーさせていただきます。排気ノズル部(ロボ時の足の甲)は後はめ可能なので、最後に取り付けます。

給気側は意外とピッタリ組付けられます。(;^ω^) 一般的なジェット機プラモのインテーク処理には苦労させられますので、当キットも覚悟していましたが、ここは助かりました。おまけに成型色が白なので塗装も楽ですね。( ´∀` ) ファンブレードは最後に取り付けます。

続いて甲羅です。パーツ数は子供用ぐらいしかないのですが、その大きさゆえに表面処理は大変です。

ここも結構傷が目立ちますので、組み立てる前に、先ほどと同様にサンディングしておきましょう。最終的にスポンジヤスリの1500番で処理しています。

パーツを揃えます。インテークの黒い部分は事前に塗っておきます。ウェザリング仕上げとしますので、軽く退色・チッピングを施しておきます。

可変翼の基部含め組み立てます。組み立て自体は非常に簡単な作業です。

甲羅完成です。(;^ω^)

裏面の半月状のパーツは、そのままはめると縁に隙間ができますので、接着用のダボ(オス側)を全部カットするときれいに収まります。

とりあえず仮組してみます! やっぱりデカい・・・・。70センチぐらいあります・・・。(;^ω^)

この後サンディングをしていきます。気が重い・・・・・。(T_T)/~~~

次回はサンディングのご報告とサフ吹き、下地処理まで進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。






































































投稿日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.