ズベズダ 1/72 スホーイ Su30CM 製作記

【出典】ホビージャパン フランカー プロファイル写真集

こんにちは!製作記が遅くなって申し訳ございません。m(_ _)m

今回はズベズダのスホーイ SU30です。変態機動でおなじみのフランカーファミリーです。ズベズダのキットは自身初めてでちょっと不安でありますし、ただでさえスホーイにはムズイ印象しかありませんのでちょっとモチベが上がりません・・・・が、気合いを入れて参りましょう!

【前置き】

 

まずは内容と仕様の確認です。今回は冒頭の写真の機体、塗装図においては下段の上面黒、下面ライトブルーの機体を作ってまいります。あくまで個人的な印象なのですが、ロシアっぽいというか、威圧的な印象を受けます。

資料もたくさんお借りしております。(^◇^;)

それにしても、フランカーの派生型はなかなか覚えられません・・・。(^^;;  ファントムなんか、ぱっと見でCとかJとか言えるんですが・・・。歳ですかね・・・。

あと、アフターパーツとしては、エッチングとピトー管類をご支給頂きました。

【機体内部の製作】

それでは早速始めてまいります。

まずは使用するパーツを切り出してみます。1/72にしては結構なボリュームです。しかも、ここは褒めるところなのですが、各パーツともスケール感ばっちりで、小さいものは小さく、細いものはニッパーで切るのもためらうぐらい細いので・・・・先が思いやられます。(^_^;)

それでは、いつものように、まずはコクピットからです。

【出典】新紀元社 フランカーディティール写真集

【出典】新紀元社 フランカーディティール写真集

コクピットのフロアー色ですが、いつもの変な緑色 m(_ _)m  かと思いきや、インスト指示はライトグレー、資料写真では米軍機のような、やや暗いグレーです。

エッチングの色はグレーというか、すみれ色なので、クレオスの317番グレーで色味を合わせておきます。

サイドコンソールもインパネも現代機らしくすっきりとした感じなのであまり見栄えはしませんね。座席と操縦桿は後で取り付けます。とりあえず士の字に向かって進めていきます。

胴体を貼り合わせる前に脚庫も作っておきます。一部エッチングでディティールを補強します。

コクピットと脚庫が終わったら胴体上下を貼り合わせます。よくできたキットで思ったよりもピッタリと合わせることができます。

多少の段ちは発生しますが許容範囲です。

主翼上面の接合部ですが、少し隙間ができますので瞬着で埋めてサンディングに備えます。それにしても表面の梨地が気に入りませんね、塗装前につるつるに仕上げないといけません。(;´Д`)

垂直尾翼を取り付ける前に給気口を開口しておきます。地味ですが、小さな部分でも開孔することは結構効果的と思っております。<(_ _)>

垂直尾翼と胴体の合いは今一つですね。すり合わせをきちんとすれば、きれいに収まるのかもしれませんが、埋めて削ったほうが早そうなのでガンガン接着していきます。

それにしても翼の薄さの再現がヤバいです。小さいスケールにおいてはこの辺りがリアルかどうかを分ける生命線ですからね。結構好きかもしれません。このメーカー。( ´∀` )

ノーズコーンも付けてしまいましょう。機体形状的にテールヘビーな予感がしましたので、念のため鉛を仕込んでおきます。固定にはタミヤのクリアーボンドを使用します。

というわけで、サクッと士の字完成です。やっぱフランカーカッコいいです。特にこのカナード付きの機体は少しアニメっぽい感じもしますが強そうで良いですね。

次回は各部整形と塗装から進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。

© 2024 JUNSANのミニチュア航空博物館 Powered by AFFINGER5