タミヤ 1/48 F-14A トムキャット (ロービジVer.) 製作記




こんにちは!製作記のアップが遅くなって申し訳ございません。<(_ _)>
今回は湾岸戦争のトムキャット、ロービジのトムキャットを、タミヤのニューキットを使用して再現してまいります!

前回ファインモールド1/72で製作させて頂きました湾岸戦争のロービジトム。今回はこれと全く同じマーキングの機体を1/48で再現いたします。ファインモールドも良いキットでしたが、タミヤの無敵キットを使用しるとどうなりますでしょうか。楽しみですね!!

【前置き】8.23

まずは、前置きとしまして、御支給品のご紹介と、方針(?)を書かせていただきます。<(_ _)>

マーキングはジョリーロジャースの201号機、現用機には珍しいノーズアートが描かれた印象的な機体です。

まずは、使用キットのタミヤ1/48 A型。自身2機目の製作となります。

次に、補強板付きの垂直尾翼を使用するためだけにタミヤのD型、ECMアンテナの為だけにハセ48の定番品・・・米粒位のパーツなんですけどね・・・タミヤは結構肝心なところを端折る時があるので困りますね。(;^ω^) 因みに余ったパーツは予備としてお使いくださいとの事・・・感謝です。<(_ _)>

サードパーティのレジンパーツなどをこれでもかと・・・・!( ゚Д゚)

チンポッドも良い方を選んでくださいとの事・・・。

インパネ等は3Dデカールを使用してくださいとのことです。3Dデカール・・・?(;^ω^)

画像が粗くてよく伝わらないかもしれませんが、なんと立体デカールです!!すごい時代になりました・・・。アマゾンで見ると約5,000円・・・高い~!ですが、どんなにうまく塗り分けてもこの精度は無理ですし、時間を買うと思えば高くはないか・・・。(;^ω^) とにかくありがとうございます。<(_ _)>

コクピットつながりでご紹介です。シートベルトも何種類か頂いております。取捨選択してくださいとのことですので、いいとこどりで進めたいと思います。

射出座席です。これはもうレジンの圧勝です。コクピットに収めてしまうと下半分は見えなくなってしまうので、その点は残念ですが。(;^ω^)

コクピットフロアーもレジンの圧勝です。3Dデカール使用なので、インパネやサイドコンソールのモールドは削ってしまいますがその他の部分の彫刻はキットに比べると圧倒的に素晴らしいです。

デカールもこんなにたくさん支給頂いております。しかも、失敗した時用とのお気遣いで、各2セットずつです・・・これだけで軽く2万円ぐらいしますよね・・・。本当に恐縮します。<(_ _)> 実際、製作中にミスってヤフオクやアマゾンで慌ててキットやパーツを探すことがよくあります。(しかも、運よく見つかっても大概定価かプレミア価格(T_T)/~~~)ここまでお気遣いを頂けるなんてほんと、幸せです。<(_ _)>

最後に・・・ミサイルもレジン!!これは正直驚きました。キットパーツでもそんなに問題無い気がしますが、あえて言うならフィン(ブレード)の薄さでしょうか、プラキットだとどうしても厚ぼったくなってしまいます。実機写真で見ても紙のように薄いですし、リアリティの観点で見ると結構重要な部分と言われればその通りです。

次回はコクピット周りから進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。












































































投稿日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.