ハセガワ 1/72 F-2A 製作記




こんにちは!製作記のアップが遅くなりまして申し訳ございません。<(_ _)>
今回はハセガワ1/72のF-2を作ってまいります!同社1/48は作ったことあるのですが、1/72は初めてなので楽しみです!!

【出典】航空自衛隊

【前置き】8.22

それでは進めてまいりましょう。

まずは、製作に当たり御支給頂きましたサードパーティのディティールアップパーツのご紹介です。今回はこれらのパーツを使用し、技術が許す限りのディティールアップを目指します。1/72なので「でっちアップ」で済ませる部分も出てきますが頑張ります。<(_ _)>

インストを確認します。1/72なので最低限ですね。ウェポンもセットされているのは好感が持てます。また主翼が一体なのはありがたいです。(;^ω^)

それでは、仮組して雰囲気を確認しましょう。胴体上面は2分割ですので先に接着しておきます。

タミヤ程の精度は有りませんが良い方です。接着面を軽くサンディングすれば、接着線をそのままパネルラインにできそうです。

プラ用接着剤を少なめにしているので、瞬着で裏打ちをしておきます。

翼も付けて仮組します。合いはまずまずです。( ´∀` ) 整形に苦労することは無さそうです。

次に細部を見ていきましょう。

まずはノーズ部です。AOAセンサーはオーバースケール&成型不良ですね・・・(;^ω^) AIFFアンテナも悪くはないんですがシャープさに欠けますので、後程修正しましょう。レドームのライトニングアレスターはちょっと太い気もしますが、実機写真を見ると意外とクッキリ写ってますので、これで正解なのかもしれません。これも後で吟味しましょう。

機銃口は開孔します。

各翼の放電索も再現されてはいますが、スケール感に欠けますので真鍮線に置き換えましょう。

お願いだからエッジに接着線を持って来ないで欲しいです・・(;^ω^) 御覧の精度なので、接着後パテ盛&サンディングする羽目になりそうですが、ここの直角を出すのって難しいんですよね~・・・(T_T)/~~~

腹側も見てみましょう。可もなく不可もなくですが、モールドが浅いのは困りますね。今回は実験機で綺麗仕上げなので迷彩・汚しでごまかせません(;^ω^)

後部のフックやアンテナも一体成型なんですね・・・。アンテナは基部もブレードも厚すぎる気がします。フックの詳細は後で調べてみますが、少し細工しないといけないかもしれません。

【機体内部の製作】8.22

引き続き進めてまいります。

まずはお決まりの、機体内部から進めて行きましょう。コクピットはインスト通りだと非常にあっさりしてますが、今回はエッチングを御支給頂いてますので、そこそこの仕上がりになると思われます。

次にエンジンですが、キットのままだと排気ブレードとノズルのみの構成ですが、今回はレジンパーツを御支給頂いておりますので、胴体側の改造も必要な感じですね。それにしても、キットのノズルのヒケ・・・ひどいですね(#^^#) 比較的最近のキットだと思うんですが、こんな目立つ部分にこのヒケはちょっと無しでしょう・・・

冒頭でご紹介したレスキットのレジンキットです。最近は海外メーカーも自衛隊機用を出してくれるんですね~、良い時代です。

さすがに細部までバッチリ再現されていますね。円筒の分割線が無いのは最高です。( ´∀` )

例によってインスト(?)は非常に大雑把ですので、実機写真とにらめっこになりそうです。

モチベーションが高いうちに面倒な部分を処理しておきましょう。アイリス板は非常に薄くリアリティ満載なんですが、その分、基部の切り離しには気を使います。

こちらのパーツは厚さが1mmぐらいしかないので、ひやひや物です。(;^ω^)

組み立てる前に、カラーリングを確認しておきます。インストにも塗装指示はありませんので、実機写真を参考にします。手持ちのF-16写真集にF-2と同型エンジンの写真がありました。例によって高難易度の「煤け」が存在してますね・・・。ともあれ、接写で見ると、アイリス板の薄さと周辺機構の様子が良くわかります。( ´∀` )

ブレード周辺の色合いですが、私の脳内イメージはこんな感じです。青銅器のような緑色が印象的です。

因みに、円筒部のセラミック壁は新品の状態だと本当に真っ白のようです。このような真っ白の状態はあまり見かけないので新鮮ですね。

アイリス板も丁寧に塗装すれば非常に目を引くポイントになり得ます。ぱっと見でもインストの言うところのガンメタではありませんね。(;^ω^)

【コクピットとエンジンの製作】8.31

こんにちは!今回は胴体内部に収める部分を作っていきましょう。

コクピットです。いきなり完成の絵ですが、キットパーツに貼り付けるだけなので簡単です。ただし、そのままではフロアーと色が合いませんので、少し塗装が必要です。インパネも2枚構成で立体感が合って良い感じです。( ´∀` )

サイドパネルもエッチングでディティールアップです。

続いてエンジンです。アイリス板以外を組んでいきます。まずは筒部を316番ホワイトに若干のタンとフラットベースを混ぜて塗装します。緑は日本軍機のコクピット色を少々アレンジ、ブレード周りはフラットブラックです。ブラックの部分はほぼ見えなくなりますが、タンで軽くドライブラシをかけておきます。

排気煤はエナメルのフラットブラックで描いてみました。スケール的に、エアブラシだとボケ過ぎてしまうので、面相筆で少し煤の輪郭をクッキリとさせました。

胴体側の余計な部分を削ります。キットパーツのファンブレードが付く板状の部分と、フック格納部の出っ張りを可能な限り削ります。

早速仮組してみます。思いのほかピッタリと収まります。( ´∀` ) アイリス板の接着面はベース付きのサンドペーパーで直角を出しておく必要があります。

胴体と主翼を貼り合わせてみます。合いはハセガワスタンダードで、可もなく不可もなくです。エレベーターは可動なので最後に取り付けます。

垂直尾翼はピッタリと収まりますので、塗装直前で大丈夫でしょう。

次回は接着部の整形をして、放電索等細部の加工を行ってまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。















































更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.