レベル 1/32 ホーカー タイフーン 製作記

こんにちは!製作記が遅くなって申し訳ございません。<(_ _)><(_ _)> 今回はレベルの1/32 タイフーン(再販)を作ってまいります!!

【前置き】6.27

初版は1973年とのことで、私よりもちょっとだけお兄さんなキットです。20年ぐらい前でしょうか、当シリーズの初版キットが、東京の某買取屋で恐ろしいプレミア価格で売られていたのを覚えています。(;^ω^)

それでは、早速始めてまいりましょう。まず、外箱に完成写真が載っていますので見てみましょう。

お客様も仰ってますが、ぱっと見はでっかい1/72です・・・。(;^ω^) まあ、半世紀前のキットなので当然と言えば当然ですね。

うーん、今一つそそられません・・・(;^ω^) 昔は高値の花だったと聞いていますが・・・1/32自体が高嶺の花だったのでしょう。

中身を見てみましょう。モールドは当時のスタンダード、凸モールドです。雰囲気はこっちの方が出るので嫌いではないのですが、整形が大変です。(;^ω^)

パイロットです。この前後2分割式、懐かしいですね~、どっちが先かは判りませんが、ハセガワの1/32シリーズのもそっくりですね。

インストも手書きの挿絵に丁寧な説明文でほっこりします。!( ´∀` )! 昔はみんなそうでしたが、いちいち「このパーツは何か」まで書いてあって、単におもちゃというよりは、教材に近いですね。

それでは進めてまいりますが、お客様からも、「現代のキットのような完成度は求めていない」とのお言葉を頂いておりますので、「この時代はこうだったんだ」という感じでノスタルジーに浸りながら、お気楽モード(?)で進めさせて頂きます。

【エンジンの製作】6.27

それでは順通り進めてまいりましょう。

エンジンからスタートです。今回はエンジンカバーは閉じて完成させますので塗装は行いませんが、組立だけは行いましょう。細部モールド等はなんちゃって感が否めませんが、パーツ点数もそこそこ多く、頑張ってる感じがしますね。( ´∀` ) エンジンまで再現されている飛行機プラモなんて、やっぱり高級品だったのでしょう。

組立はストレス無く行えます。見えなくなる所までよく再現されていると思います。ここから「リアル」を追求するとほぼフルスクラッチになってしまいますね・・・(;^ω^)

胴体に合わせてみます。思いのほかピッタリです。現行の中華製なんかよりもずっときれいに収まります。

胴体を貼り合わせると同時にエンジンも組み込んでしまわなければなりませんので、あごの内側の繋ぎ目消しが発生します。ちょっと目立ちますのでここは消しておきましょう。

ラジエターの部分を先に塗装してしまいます。

終わったらマスキングをして組み込みます。あごの内側の整形、塗装が終わった取り外します。

【コクピットの製作】6.27

引き続きコクピットを作ってまいります。

パーツ数も1/72レベルです。最近のタミヤみたいにコクピットだけでインスト5ページって来られるとうんざりしますが、こういう感じだとホッとします。(;^ω^)

早速組んでみます。不思議なもので、ディティールを追求しない前提だとこの程度でも全く気になりません。普段、いかに洗脳されているのかが良くわかります。(;^ω^)

特有のカードアですが案の定、全く合いませんね・・・。クリアーパーツとの兼ね合いもありますし、キットの設計を尊重(?)して可動にて進めさせて頂きます。<(_ _)>

キットのインストではコクピット色がダックエッググリーンとなってしまっていますので、塗装はハセガワの1/48を参考にします。

いつもの薄松葉色で塗装します。その他小物は適当に塗り分けておきます。

ちょっと脱線しますが、こんな風にきちんとした文章の説明文はある意味新鮮で楽しいです。慣れてしまえば、昨今のように絵と矢印だけのインストでも理解できますが、初心者の人にはこうやって順序を言葉で書いてあげた方が親切だなあと思いますね。( ´∀` )

という訳で胴体完成!・・・ここまではすんなりなんですよね・・・。飛行機の形にするのは訳ないんですが・・・。(;^ω^)

こんな風に、絶体絶命的なパーティングラインとかが平気で存在します。これどう処理しましょう・・・。いくらストレート組みとはいえ、これをそのままではあまりにもみっともないですし・・・。がんばろ。(T_T)/~~~

次回は翼の製作から進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。

更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.