HpH 1/32 B-52H ストラトフォートレス コックピット 製作記




こんにちは!またまた珍しいご依頼を頂きました!今回はレジンキットで、1/32 B-52のコクピットを作ってまいります。B-52と言えば世界最大級の爆撃機ですね、コクピットのみとはいえ、1/32ともなれば相当なボリュームなのではないかと思います。(;^ω^)

【前置き】8.31

それでは進めてまいりましょう。

まずはインストを眺めてみましょう。こんな感じで実際の写真に番号が振ってあります。こうやってあるとパーツを探しやすいですね。( ´∀` )

各パートとも、文字による解説はありません。使用するパーツと完成形が写真で示されているだけですね。各パーツはある程度完成形で成型されていますので、表面処理をして、塗装をしながら組み立てていく感じですね、この辺はプラモと同じですね。


カラー刷りで完成写真も載っています。インスト中ではおおまかな塗装指示しかなされておりませんので、細部はこちらをを見ながら彩色していく感じでしょうか・・・。(;^ω^)

幸い、資料本もお貸しいただいておりますので、こちらも参考にして塗装していきましょう。

写真の他に、3D-CADの絵も添付されています。これでだいぶ判りやすくなりますね。

それではパーツの方に目をやっていきましょう。とにかく一個一個がデカいです!( ´∀` ) まあ、1/32だから当たり前でしょうか。それと、これは仕方がないことですが、基部がバッチリ付いた状態ですので、これの切り離しが結構大変そうです・・・(;^ω^)

製作に当たり、いちいち基部を切り離しながら進めるのは大変なので、最初に全部切り離してしまいましょう! エッチングソーでちまちま切っていきます。

普段はレジンパーツの使用頻度が少ないので、手動のノコしか持っていません・・・(T_T)/~~~ 地味に大変です・・・。 柄の付いたノコ買えばよかったかな・・・。

このように余白の少ない部分は気を使います。曲がって切らないように注意します。(;^ω^)

とりあえず、ごっつい基部の付いたパーツを全て切り出しました。ノコが指に食い込んでヒリヒリしてます・・・(;^ω^) ですが、最も嫌な部分をクリアーできましたので、この先の工程はサクサク進むと思われます。( ´∀` )

【パーツのサンディング】12.19

こんにちは!更新が遅くて申し訳ございません。サクサク進むと思っておりましたが、各パーツの表面整形に苦戦しておりまして、気が付いたら4か月近くも間が空いておりました。<(_ _)><(_ _)>

ひたすらパーツの整形のみを行ってまいりましたので、絵的に面白くないので詳細は省かせていただきます。とりあえず一部ですがご報告とさせて頂きます。

いつも使っている、キットにはめ込むようなレジンキットのレベルと思っておりましたが、小部品も御覧のように台座(?)から切り離さなければならず、また、表面が3Dプリンター製のように粗いので、1パーツに付き全面のサンディングが必要となっております。(T_T)/~~~

愚痴ではないのですが、昔の縁日の型抜きゲームの様な事をしまして、(;^ω^) 剥がした部分のみではなく、全面を400番から順にサンディングしてまいりますと、1日1~2パーツぐらいしか進みません・・・。<(_ _)><(_ _)> 最終的には1個1個サフを吹いて仕上げた方が良いのでしょうね・・・。気が重いです。(;^ω^)

こちらはフロアー部分ですが、設計が今一つの様で、底が抜けてしまっています。(;^ω^)

見本の写真で確認しますが、結構目立つ部分なので、修正が必要ですね。

悩みましたが、裏側からプラバンを貼って瞬着、パテ成型をすることにしました。

【サフ吹き】1.4

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>

さて、どんどん塗装を進めるつもりでおりましたが、下地処理が甘かったようで、サフ完了まで時間がかかってしまいました。(;^ω^) 今回はサフ完了までのご報告とさせて頂きます。<(_ _)>

まずは、塗装前に組付けられるパーツを組んでいきます。一応、雄雌構造になってはいるのですが、オス側をメスのくぼみに合うように整形しなければなりませんのでここでまた時間をとられます。(;^ω^)

全てのパーツにおいてこの作業が発生します。今思えば電動工具を出動させればよかったと思います。(T_T)/~~~

コクピットフロアー後部の構造物の雄雌加工は面積が大きいのでちょっと大変。(;^ω^)

整形を進めてくと、このように「す」が入っている部分にちょいちょい出くわします。嘆いていても仕方がないので溶きパテで穴埋めします。(#^^#)

ここでインストを見てみましょう。キットはコクピットフロアー(2F)とレーダー室(?)(1F)の構成になっています。1F部分は組んでしまうと何も見えなくなってしまいますので、2F、1Fは別々に展示する前提が良さそうですね。

それではまずは2Fから。この状態で塗装して、最後に組み上げる形にします。

1Fはこの状態で塗装してから組み上げます。

小物はパイピングなどの細工が必要なものもあるので単体で塗装、ディティールアップをして最後に取付とします。

それではサフを吹いていきましょう。外側の壁の部分ですが、ディティールには全く関係ありませんが、ぱっと見一番目に付く部分です。キットのままだとガタガタなので、丁寧にサンディングしたつもりですが小傷、欠けなどが目立ちますね・・・。(;^ω^) 振り出しに戻る・・・・。(T_T)/~~~

再度サンディングなどをして、ようやくサフ工程完了です。('ω')ノ

ようやくスタート地点に立ったところなのですが、妙に達成感があります。"(-""-)" フルレジンキットは初めてなのですが、正直甘く見てました・・・。(;^ω^)

次回は細部の塗装から進めさせて頂きます。またのご来館をお待ち申し上げます。






































更新日:

Copyright© JUNSANのミニチュア航空博物館 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.