G.W.H. 1/72 F-15J イーグル 製作記

こんにちは! 製作記が遅くなって申し訳ございません。 今回はグレートウォールホビーのF15Jイーグルを作ってまいります。当キットは自身2回目ですので、比較的すんなりと進むのではないでしょうか・・・(;^ω^)

【前置き】11.18

【出典】航空ファン

それでは今回の仕様をご紹介します。

今回はお客様よりご提供いただいた写真にあります、304空の近代化改修機(ロービジ)を再現してまいります!!

近代改修に関しては聞いたことがありましたが、詳細はよく分かりませんので、お借りした本で勉強しながら進めさせていただきます。<(_ _)>

まずはパーツの確認です。ご覧のように素晴らしいモールドがびっちりと刻まれています。

下面も、これでもかとモールドが刻まれています。ハセガワさんのあっさりモールドも良いのですが、こっちはこっちでウェザリングが楽しみな感じがして良いですね。( ´∀` )

続いてアフターパーツ類のご紹介です。 来ました、アシタのデカールです!!

以前一度だけ経験があるのですが、デカールのニス部分(余白部)を貼り付け後に取り除くことができる、画期的なデカールです。ちょっとコツはいりますが、自衛隊機のようにコーションだらけの機体には非常に効果的なデカールではないでしょうか。これは楽しみです。

ナノアビのシートベルトを御支給いただきました。

ウェポンは同じくファインさんの物を御支給いただきました。AAM-5を使用します。よく見ると知らない型式だらけです・・・。

コクピット周りにはエデュアルドのエッチングです。1/72なのでちょっとムズイのですが頑張ります。(^^ゞ

エンジン周りはレスキットのレジンパーツです。キットの排気ノズルはイマイチなのでこれはありがたいですね。できれば可変ノズルの動作ロッドも、エッチングではなくレジンにして厚みのある感じにして欲しかったですね。

以上、アフターパーツ類のご紹介でした。このほか、目立つ部分に関しては適宜追加工作も加えながら進めさせていただきます。

【機首の製作】11.18

それでは製作を進めてまいりましょう。

まずはパーツの確認です。J型以外のパーツも入っていますので、スケールの割にはランナーが多いです。

まず最初にパーツの切り出し&整形、2分割部品の接着を行っておきます。

それが終わったら、いつものようにコクピットから作っていきます。お客様からもご指示を頂いておりますが、インストの塗装指示がちょいちょいおかしいので、実機写真を確認しながら進めてまいります。

今回はキャノピーオープンで仕上げますので、後席にあたる部分もしっかり塗り分けていく必要があります。ご親切に写真を同梱していただいておりますので参考に塗っていきましょう。

まずはフロアーから進めてまいります。インパネなどはカラードエッチングを使用しますのでモールドを削ぎ落しておきます。

いきなりですが塗り分け完了です。1/72にしては十分な情報量ではないでしょうか。( ´∀` )

フロアーを組み立てて機首パーツに挟み込みます。F-15は完成後もコクピット内が良く見えるのでディティールアップのし甲斐がありますね。

反対側はこんな感じです。

そして、下面の脚庫を取り付けますが、素晴らしい設計で、実機のパネルラインを接着線に持ってきてあるようで、いつもの合わせ目消しが不要な感じです。上面側もキャノピーとパネルが一体になったものがクリアパーツで再現されていて、そちらも合わせ目消しが要りません。これはすごいですよね!

次回は胴体を組み立てていって、塗装前ぐらいまで進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。


















































































© 2022 JUNSANのミニチュア航空博物館 Powered by AFFINGER5