ハセガワ クラッシャージョウ ミネルバ 製作記

こんにちは!製作記が遅くなって申し訳ございません。<(_ _)> 今回は往年の名作、クラッシャージョウより、外洋宇宙船「ミネルバ」を製作してまいります。正直、ハセガワさんのアニメキットは初めて作ります。実在する戦闘機のキットと比べてどうでしょうか、その辺も楽しみな所です!!

【前置き】9.9

それでは、早速内容を確認してまいりましょう。インストはカラー刷りです。これだけでもなんかモチベーションが上がります。完成見本を見る限り、結構繊細なモールドでディティールもそれなりに再現してある様子です。さすが、飛行機のハセガワといったところでしょうか。

パーツ点数はそんなに多くありません。最低限にとどめてある感じがします。

これは意外でしたが、カラーランナーが入っています。( ゚Д゚) ハセガワさんでは珍しいんじゃないでしょうか、まあ、いつも戦闘機しか作らないので私が知らないだけかもしれませんね・・。(;^ω^)

パーツを確認していきましょう。モールドは細かい所までクッキリと入っていますね。

完成見本を見た時に、地獄のスジボリ直しを覚悟しましたが、その必要はあまり無さそうです。(!(^^)!

【製作開始】9.9

それでは進めてまいりましょう。今回は未知の領域ですので、インストの順番通り進めさせていただきます。

まずは機首周りから組んでいくようです。スケールのせいか、コクピットの製作はなさそうですね、なんかホッとします。(;^ω^)

パーツをカットして接着して終わりです。

組んだ感触ですが、スナップキットのような感じもします。ダボが大きめに設計されていて、接着剤無しでも形にすることができます。だとしたら、こういうところはアンダーゲートにして欲しいですね・・。(;^ω^)

個人的な感想ですが、ダボ(オス側)をカットしたほうがチリ合わせが容易な気がしましたので、接着面を出したい部分のダボはカットしてしまうことにしました。<(_ _)>

機首の部分です。ダボはカットせずに組んでいますが、驚きの精度です!!接着剤無しで隙間もなければ、段ちもありません。( ゚Д゚) 戦闘機でもこれやって欲しい・・・・。

次は胴体の組み立てです。ウェポンは別として、ここも大きなパーツをカットして、ぱぱっと組んで終わりです。

ウェポンはこんな感じです。可動式の様ですので、とりあえず塗装して後で機体に組み込みます。

上部のビーム砲です。こちらも、砲が出ている状態と、出ていない状態を選べるようです。

両方選べるように処理しておきます。

ダボ穴のアップです。少し細工がすいてありますね、接着しなくても脱落することはありませんので、ここは接着しないで進めます。

次は胴体と機首を合体させることになっておりますが、ここはそれぞれのサンディングが終わってから組むことにします。先に翼だけ取り付けておきましょう。

これでいつもの士の字まで完成といったところです。実機が無い機体なのでディティールを気にする必要がありません、なんか純粋にプラも作ってる感じがして楽しいですね。( ´∀` )

翼の接合において、面出しが甘かったのか少し隙間ができますので白パテで修正しておきます。

続いてエンジン部分です。組んだ感想ですが、A4、A5をA7に接着固定する場合、G6、N1は組み込まなくても成立します。が、

G6、N1のダボピンをうまく使えばパーツの前後位置を調整できますので、A4、A5をダボだけ使って固定するようにすれば、A4、A5とA7のパネルライン(スジボリ)を再現することができます。

こちらは補助エンジンでしょうか。さっきの小さいバージョンです。

こちらはバッチリ接着してしまっているので、サンディング後にスジボリを直します。ちなみに赤いパーツは「気持ち半透明」のような色合いですので後で赤を塗りなおしてから組み立てます。

次回は下地処理と基本塗装ぐらいまでをご報告できればと思っております。またのご来館をお待ち申し上げます。






















© 2022 JUNSANのミニチュア航空博物館 Powered by AFFINGER5