タミヤ 1/48 F-14A 【TOP GUN Ver.】製作記

製作記が遅くなって申し訳ございません。<(_ _)> 今回はタミヤの傑作キットを使って、往年の名作映画TOPGUNのF-14を作ってまいります!

【前置き】11.13

レベル・モノグラム 1/48 F-14A

大ヒットとなりましたトップガン・マーベリック。随所で前作とのつながりを見せる辺りがナイスな演出でした。私自身も劇場のみでは飽き足らず、思わずアマプラでもポチってしまいました。(;^ω^)

それでは、今回の仕様をご紹介いたします。

キットストレートでも十分な仕上がりを見せるタミヤの1/48トムキャットですが、今回はご覧の豪華食材をプラスしてスーパーディティールのトムキャットをトップガン仕様で作ってまいります!!

まずはデカールからご紹介です。正直これがないと始まりません。(;^ω^) レベルのキットからトップガン仕様のデカールを御支給いただきました。自身でもコピーしたいのですが、販売目的となると版権とかありますのでなかなかね・・・。

それでは、引き続き高級食材たちを見てまいりましょう。コクピットはエディアルドのレジンキットです。キャノピーを閉めてしまうとあまり存在感はありませんが、キットの再現と違い、最低限のデフォルメに留めてあるので実機感は桁違いです。

インパネ周りには3Dデカールをご用意いただきました。必死にルーペをのぞき込んでもここまで細かく塗り分けするのは不可能です。レジンパーツのモールドを削ぎ落して取り付ける形なので、ちょっともったいない気もしますが、完成度優先ということで。<(_ _)>

エンジン周りもエデュのレジンです。エンジン内部に関してはタミヤキットは結構端折ってあるので、ありがたい部品です。ノズル部は開閉各1個付属しています。駐機中のエンジン状態のみが再現できる感じですね。

続いてカーモデルの3Dプリント排気ノズルも開状態、閉状態セットで御支給いただいております。非常に薄い仕上がりで実機感満載です。ただ、タミヤ、ハセガワ兼用ということが影響しているのかもしれませんが、厳密にいうとタミヤのキットにはほんの少し合いません。言われなければ気付かない程度ですが・・・(;^ω^)

タイヤもレジン製です。自身タミヤキット最大の欠点と思うのがタイヤ部で、キットには極初期型のホイールしかセットされておりません。細部に拘る場合には必須アイテムと言っても過言ではありませんね。

ウェポンもエデュのレジンです。各翼が非常に薄く成型されているためこちらも実機感満載になります。どんなに機体に手を入れても、搭載するミサイルのフィンが分厚いだけで、一気にスケール感が乏しくなったりするので比較的重要アイテムかもしれません。

これまちょっとマニアックかもしれませんが、中期以降(うろ覚え)の垂直安定板には補強板がついています。タミヤのD型を買えば付いてきますが、これだけのためにキットを買うのもバカバカしいので、ありがたい部品ですね。

続いて金属製の機首プルーブとAOAセンサーです。プルーブはタミヤからアフターパーツとして発売されています。個人の意見ですが、2本は要らないので、代わりにAOAを入れてほしい所です。

最後にチンポッドです。キットには1種類しか入っておらず、トップガンの機体とは形が異なっております。幸い安価なクイックブーストから発売されているので助かります。

以上、高級食材のごしょうかいでした。いや~、お腹いっぱいです。(;^ω^)

【機首の組み立て】11.18

それでは引き続き製作に入ってまいりましょう。

まずは2分割部品や押し出しピン後の処理を先に済ませてサンディングに備えておきます。

それでは、インスト順に従ってり機首周りから進めてまいります。

まずは3Dデカールの下準備としてインパネ類のスイッチモールドを削り取っておきます。大変もったいない気がしますが仕方がありません。(;^ω^)

後席レーダー画面の反射防止板(?)三日月型のモールドはデカールでは再現されていませんので切り取っておいて後で取り付けましょう。

フロアーを塗装したら3Dデカールを貼っていきますが、ものによっては水につけなくてもご覧のように剝がれてきます。

デカールの糊だけでは心もとないので、ボンドで接着していきます。デカールというよりはカラードエッチングに近いイメージです。

製作過程詳細は前回のロービジバージョンと同じなので適宜端折らせていただきます。なので、いきなり完成の図ですが、まずはコクピット前席から。塗り分けだけでこの精度!!これはコスパ的にも十分に満足いくものと理解します。(^^ゞ

続いて後席です。3Dデカールは、そのままだと弱い感じがするのでボンドで取り付けます。また、パネル部の色味をフロアーの色に合わせる必要があるので、その辺が少し面倒かもしれません。

続いて脚庫です。前回と同様にでっち上げのパイピングです。2回目となるとおおよそ頭に入っているのでサクサク進みます。( ´∀` )

組み上げるとこんな感じです。労力の割にはあまり目立たないのが残念です。(;^ω^) でも、やるとやらないでは雲泥の差があります。

脚庫まで終わったらフロアーと合体させます。瞬着で一気に固めるのではなく、クリアボンドなどの遅効性の接着剤を使い、機首外装と帳尻を合わせながら進めると良いです。

続いてサイドパネルを取り付けます。手を入れても角度的にほとんど見えなくなってしまいます。(;^ω^)

機首を貼り合わせる際にはキットパーツとの合わせを慎重に行います。キット側の修正はレジンキットのインストに指示があるもの以外は不要なので非常に楽です。昔のレジンは大手術が必要でしたが、最近のはカスタマ目線でよくできています。

というわけで機首部完成!!です。写真でお伝えするのが難しいのですが、とにかく恐ろしい精密感です。デカチビ光線銃レベルです!!

【塗装開始】11.24

こんにちは!今回は塗装完了までのご報告です。

まずは機体の整形ですが、各パーツの合いが素晴らしので、非常にスムーズに進みます。接着線処理とパーティングライン処理のみで完結します。

塗装に際し機体色に塗るアンテナ類は先に取り付けてしまいます。

劇中の機体を再現ということですのでフェニックスパイロンは前側のみ取り付けとさせていただきます。実際には複数機使われていて、フェニックスパイロンのついていない機体も登場しますが、ついている方が迫力があるので装着とさせていただきました。

小物類も全てサンディングして塗装準備完了です。

それでは塗装に入ってまいりましょう。塗装はファイタータウンのデカールの物を参考にいたします。3色のカウンターシェイド塗装、現代版トライカラーです。

まずは下面から。自家調色のライトグレーを塗っていきます。クレオス308番に若干タミヤのライトグレーを混ぜた感じの色味です。

下面が終わったら脚庫の白を終わらせておきます。ついでに脚庫カバーや脚も塗ってしまいます。

ここの白も忘れずに。意識して見ないと気づかない部分ですが、個人的には意外と良いアクセントです。(;^ω^)

続いて中間色です。ちなみに、塗装に関してはファイタータウンの塗装指示を参考にします。ハセガワの考証を参考に塗ってまいります。

垂直安定板も中間色ですので、補強板の追加工作も済ませておきましょう。サードパーティのこのパーツですが、ペーパークラフトの様に、ステッカーを重ねて再現する形となっています。

塗装してみますが、まったく違和感はありません。最初からモールドされたものよりも後付け感があって、むしろ実感がある気もします。(^^ゞ

307番そのままでは青味が強すぎる気がしますので、若干グレーを混ぜてます。<(_ _)>

最後に上面色です。こちらもハセガワ考証で337番グレイッシュブルーを塗っていきます。背中の境界はマスキングで処理します。

ノーズの塗り分けもマスキングで処理します。

基本塗装完了です。このままでは違和感満載ですのでウェザリングなどで調整していきましょう。(;^ω^)

次回はウェザリングから進めさせていただきます。またのご来館をお待ち申し上げます。
































































































© 2022 JUNSANのミニチュア航空博物館 Powered by AFFINGER5