タミヤ 1/72 YF-23 製作記

こんにちは!製作記のアップが遅くなって申し訳ございません。<(_ _)> 今回はタミヤ/イタレリのYF-23を作ってまいります。選考でF-22に負けてしまったため、実戦配備はされていないのですが、斬新なスタイルが魅力的な機体ですね!

【出典】ウィキペディア

【機体内部の製作】7.25

それでは早速進めてまいりましょう。

まずは外観の確認です。実機をあまりよく知らないので何とも言えませんが、プロポーションは悪くない気がします。ステルス機は胴体と翼が一体成型のものが多いですね。この点は組み立てが楽でよいのですが・・・。

精度がこんな感じなのでそれなりに苦労はしそうです・・・。((+_+))

それでは機体内部を作っていきましょう。

まずはコクピットの製作です。1/72の上、第5世代機(?)ということもあり非常にさっぱりとした構成となっております。

続いてインテーク周りです。これはちょっと意外というか、奇抜な設計なのですが、インテークカバーが装着されている状態です。(;^ω^) ネットで画像を漁って塗り分けました。

排気側は完成後はあまり見えませんのでインスト通りにガンメタで塗って完了です。<(_ _)>

因みに、このあたりの成型はかなり甘いので、組む前に整形しておく必要があります。

インテークの天井側です。ここは意外とぴったりと収まります。インストではガンメタの指示ですが、少し明るめの、黄色っぽいガンメタ色にしておきました。

写真を撮り忘れましたが、機種には少しだけ錘を入れないといけません。

内部構造が終わったら機体の上下を貼り合わせます。ステルス機のキットは胴体と翼が一体になっているものが多いので、この点は楽ですね。( ´∀` )! 機種のエッジを潰さないように慎重に貼り合わせます。

接着線が下面側に集中していますので、心置きなくサンディング整形ができますね・・・( ´∀` )

接着部の隙間を瞬着やプラペーパーで埋めてサンディングに備えましょう。

尾翼を仮組して士の字完成!!表面のモールドには凸モールドが多用されています。実機においてはこちらが正しいのかもしれませんが、あまりにも貧弱で表面の整形に耐えられそうもないので凹モールドに修正しようと思います。<(_ _)>

次回は下地処理と基本塗装ぐらいまで進めてまいります。またのご来館をお待ち申し上げます。








© 2022 JUNSANのミニチュア航空博物館 Powered by AFFINGER5